人生でやりたい100のこと

アフィリエイトで目標達成するためにはOSGMシートが便利

OSGMシートってのを作成しました。
かなり便利。

OSGMシートは、目標とやることが明確になる上に、

【抽象的な目標】

【具体的にやること】

ひとつのシートで確認できる優れものなんです。

便利さを実感してもらうには実際にOSGMシートを見てもらうのが早いと思うので、とりあえず僕が作ったOSGMシートでダウンロードできるようにしておきます。

OSGMシート

OSGMシート-のコピー

僕の作ったOSGMシートを見ながらこの記事を読むと理解しやすいと思うのでダウンロードしてみてください。

※1:アドセンスの報酬をネット上で公開したらグーグル先生に怒られるらしいのでモザイク処理しました。
※2:PDFの下半分の8月の確定報酬額以下の情報はOSGMシートとは一切関係ない情報ですが、目標、戦略などを考えるときに使ったものなので参考になると思います。

ちなみにOSGMシートの存在は以下の書籍で知りました。

OSGMシートの1から順番に埋めていくと自然とやることがわかる

基本的に1から順番に空欄を埋めていきます。

1.プロジェクトの目的 ”Objectiv(KGI) 目的”
2.目的に紐づく戦略 ”Strategy(CSF) 戦略”
3.戦略のゴール(KPI) ”Goal ゴール”
4.戦略に基づく戦術 ”Tactics 戦術”
5.戦術のターゲット ”Target Insight 対象”
6.戦術ごとのゴール ”Goal ゴール”
7.戦術を実施する施策 ”Task 実施内容”
8.実施期間 ”Term 期間”
9.優先順位 ”Priority 優先度”
10.評価する指標の数値 ”Measurement 評価”

さっきも言いましたが、【抽象的な目標】と【具体的にやること】がひとめで確認できるので、

「自分ってどうなりたいんだったけ??」
って抽象的な質問にも明確な答えが確認できて、

「なりたい自分になるためには何をすればいいんだっけ??」
って具体的な行動も明らか。
具体的な行動だけでも目標を見失いがちになるし、漠然とした目標だけでも何をすればいいのか曖昧になります。

OSGMで両方を確認することによって、目標を見失いにくいし、いちいち何をやるか考えなくても良いので非常に便利です。

【1.プロジェクトの目的 ”Objectiv(KGI) 目的”】
ってゴールをを達成するために
【2.目的に紐づく戦略 ”Strategy(CSF) 戦略”】
って戦略がある。

で、
【2.目的に紐づく戦略 ”Strategy(CSF) 戦略”】
を達成するためには
【3.戦略のゴール(KPI) ”Goal ゴール”】
に書いてある数値になればよいことになります。

【3.戦略のゴール(KPI) ”Goal ゴール”】
の数値を達成するために
【4.戦略に基づく戦術 ”Tactics 戦術”】
があるわけです。
基本的にこんな感じで階層があるのでわかりやすいです。

ただOSGMシートとて万能ではなく、作成するのに時間がかかるし、細かい使い方、定義に縛られるとなかなか空欄が埋まらない。。。。

とりあえず、内容が思いつかなくなった時点で空欄になっています。。

  • 訪問数を増やす
  • 1セッションあたりの確定報酬額を増やす

という2つの戦略に対して、

  • 記事を増やす
  • タイトルを変える
  • 本文をリライトする
  • 無駄な広告の削除
  • レイアウトの見直し
  • タイトルを変える
  • 他人の成果のあるサイトを検証
  • 自分の成果のあるサイトの検証

8個(タイトルを変えるが2個あるけど。。)の行動をもうけましたが、結局のところ最後まで空欄を埋められたのは

  • 総記事数が765記事になる289記事追加する必要がある(765-476):12/31まで1日4記事
  • 改善したいサイトの楽天のリンクが0になる

だけ。。。
いろいろやってみたいけど、全然できない。。。まぁ、それがわかっただけでも収穫あり。。これも、気づきの一つ。。。
計画上はこれでは10万円には届かない気がしますが。。。

もっとOSGMについて詳しい人がいて、使い方が間違っているという指摘があれば聞きたいです。

まぁ、とりあえず、289記事中の1記事目としてこの記事をポストすることとします。

P.S.
っつーか楽天の確定率がほとんどのサイトで0%なんだが、、、、
みんなどうなのかな??
っつーか今日まで、知らんかった。。。もしものレポートは基本的に月次の未確定レポートをなんとなく見ているだけだったから。。リソースを無駄に垂れ流してる状態だと思うのでとりあえず、外してみる。。

スポンサードリンク

『今』やってること、明日の自分はそのことを誇らしく思うだろうか?
Return Top