人生でやりたい100のこと




ブログでアフィリエイト以外の収入を考えてみる

このブログは意図的にアドセンスを貼ってません。(記事を書いた当時のことです。2014年後半より貼り始めました。。)

アフィリエイト広告はたまに貼ってますが、それは商品・サービスについて紹介してる記事には単純にリンクがあった方が親切だし、どうせリンクを貼るならアフィリンクでいいでしょ。。。くらいの理由からです。

ほぼ趣味のブログとてサーバー代もタダではないしやっぱ多少の収益はほしい。。
ですが、このブログ自体の収益化は今のところ考えてません。

今後、このブログの収益化をしてくことは考えられますが、まだ実行してません。

なぜ、ブログの収益化をしないのか?

ブログの収益化の代表と言えばグーグルアドセンスだと思います。
見ての通り、このブログにはアドセンス広告は貼ってません(5/24現在)

なぜアドセンスを貼ってないかと言うと、理由は2つ。

  • アクセス少ないし大した収入にならない(っていうか収益化しないっていうかできないだけ。笑)
  • 結局ブログ収入では安心できない。(もっと別の可能性があるのでは?)

この2点の理由よりアドセンス、アフィリエイト広告はあまり貼ってません。
これには理由があります。

アクセスないブログに広告を貼ってはいけない理由

僕のブログは見ての通り、まだまだアクセスとかがアレな感じです……
スクリーンショット 2014-05-24 10.06.28

今までの経験上この時点でアドセンス広告などを入れても1000円〜2000円程度でしょうか。
まぁ、一般市民の中の一般市民の僕としてはそれでもモチベーションになるわけですが。。

更新すればするほど基本的にアドセンス収入は増えては行くと思うのでその過程をチェックするのもワクワクするのも知ってます。
でも、その1000円〜2000円と引き換えに失ってるものがあるとしたら……

この1000円〜2000円の収入と引き換えにリピーターを失ってると考えます。
まずは、広告収入を増やすよりリピーターを増やすべき。そこにワクワクしたほうがいいと思ってます。

ブログの収益化の代表的な手段は、広告を入れることです。しかし、広告が目立つようになると、読者は不快感を持って、去っていってしまいます。収益化とリピーターの増加は相反するのです。そのことを皮膚感覚で知っていた私は、広告は入れず、リピーターを増やすためだけに、約1年半の間、ひたすら記事をポストし続けました。

●わかったブログ:個人ブログで100万PVを目指すということより引用

わかったブログはよくチェックしてるブログですが、収益化はブログの成長を止めるなんてことが書いてありますね。

たしかに、目立つ位置にアドセンスを貼ると思いますがそこに、ソーシャルボタンを貼れば少しでもリピーター(フォロワー)などが増える可能性があるかもしれません。

わかったブログに書いてあることは妙に説得力があります。

読者に、ツイッターやフェイスブックページでフォローしてもらうことを第一優先に考えましょう。記事下やサイドバー上部などの一等地に、ツイッターのカウンターや、フェイスブックページのLikeboxなどを設置して、フォローしてもらいやすくすると良いでしょう。

フォロアーが増えると、ポストした記事をリツイートやシェアしてくれるようになり、新しい読者を連れて来てくれます。ネットでもリアルでも一番信用できるのは、知り合いからの紹介です。

●わかったブログ:ブログを成長させるには、成長レベルに合わせた施策が必要だという話より引用

一番信用できるのは知り合いからの紹介か。。。
フムフム。なるほど。

「83-Dの紹介だから間違いないっしょ!」
「人生でやりたい100のことに書いてあるなら間違いないっしょ!」
と言ってもらえる状況になりたいものですね。。

わかったブログに説得力があるのは

わかったブログ自体にアクセス、収益があるから。
僕のブログは目標を達成するブログなので僕自身があらゆる目標を達成させ、そこで得られた効率化、ノウハウなどがシェアできれば価値があると思う。

ブログの収益化は後からのほうがむしろ良い

僕はまだ幸い(?)にもネガティブなコメント等をいただいたことはありませんが、ネガティブなコメントは精神的にもきついようです。
そんなネガティブなコメント等に有効なのがアフィリエイト広告。

広告収入はPV数に比例します。ネガティブなものでも拡散してPV数が増えれば、収益は増加します。ネガティブなコメントを貰っても、その分収益が増えれば精神衛生的にプラスになります。ネガコメ主も不用意なネガコメをしにくくなります。上述のように、人は他人の収益化を助ける行為はしたくないものなのです。

●わかったブログ:ブログを成長させるには、成長レベルに合わせた施策が必要だという話より引用

ディスってる側としては、
ディスってるのにディスられてるヤツの収入が増えたらイヤすぎるでしょうしね。
わかったブログはなっとくブログでもあります。

いくら稼いでもブログ収入だけでは不安?

そうは言っても、ソッコーで広告を貼りたい気持ちもわかります。
「いや、そんなこと言ってもソッコー収益上げてるブログもいるぜ?」

はい。知ってます。

先月(2013年7月)はトータルでアフィリエイト報酬が40万円を超えました。
その前が20万程だったので100%増です。

僕のブログは、全く大きなメディアではありませんし、
人気ブログでもありません。
その上、記事数も60程度で年期も4か月足らず位のヒヨッコブログです。

そんな僕のブログで40万超える事は、数々の「運」もあったと思いますが、
気をつけている事やわかったことをシェアしたいと思います。

●おすすめ情報ブログ ENJILOG(エンジログ):稼げるのはどれ?アフィリエイトの種類と稼ぐコツについて~7月データより引用

4ヶ月で40万円……
僕のブログはもうすぐで半年がたとうとしてます。(記事数は60ほど)

ENJILOG(エンジログ)は、収益化とリピーターの獲得も同時に成功してるようです。
こんなことになる可能性があるならすぐにでも広告を貼ってしまいたいです。

(5/24現在)
スクリーンショット-2014-05-24-10.23.12

でも、ブログの収入は不安定。
これだけで生活してくのは難しいかもしれません。

稼げば稼ぐ程、ブログで稼ぐ事の不安定さが身に染みます。
よくいいますが、本当にgoogle様の気まぐれひとつです。
僕の記事はSEO的に恵まれた表示をしていますが、それでも日々変動します。ずっと1位だと思ったら次の日、圏外で諦めていたら数日後戻ったりと。SEOとはそういうものだとわかっていてもコレで生計を立てる勇気が全くありません。

これ専門で飯を食べてるプロブロガーの方は本当に凄いと思います。

●おすすめ情報ブログ ENJILOG(エンジログ):ブログで稼ぐ | 今月50万超えた報告も兼ねてより引用

月50万円稼いでも……

あなたが欲してるものは収入、お金でしょうか??
収入やお金によって得られる安心感ではないでしょうか?

でも、お金によって得られる安心感が幻想だとしたら……

しかし、月50万を切らない状態が続いている自分自身が一番わかっているのは「来月はないかも。」という事です。本当に、ここまで右肩上がりできたのも「今月はただのラッキーだわ、来月は無いわ~」と思いながら続いてここまで来た感が否めません。それは僕が幸運だという事以上にアフィリエイトというものがそういう性質も持っているのだと考えています。

●おすすめ情報ブログ ENJILOG(エンジログ):ブログで生活できるのか?より引用

これが事実なようです。
手取り20万円ほどの僕にとってはうらやましい額です。
正直このくらいのネット収入があれば

「ソッコー会社やめるぜ!」
と思ってる人も多いはず。

結局、安心は得られないようです。
ブログ収入では安心は得られないようです。

ブログで安心を得るには

月数十万PVのアクセスがあれば、それなりにネット上で知られる様になります。ブロガーイベントや勉強会に参加してみましょう。自分は誰も知らないけど、相手は自分を知っている状態なので、コミュニケーションしやすいでしょう。

〜中略〜

チャンスがあれば、イベントでの講演やパネラー、雑誌や新聞のインタビュー、書籍の執筆などは積極的に受けて行きましょう。第三者を介した活動の実績は、信用の源になります。

●わかったブログ:ブログを成長させるには、成長レベルに合わせた施策が必要だという話

こちらの方が健全かもしれません。
ブログ自体の収入では結局安心できませんので、ブログ自体の収益化は後々考えて、ファンを増やすこと、リピーターを増やす事に専念したほうが良さそうです。

他人のブログばかり引用する記事となりましたが、僕自身もブログをビジネスにつなげて、実体験を書けるようになりたいですね。


『今』やってること、明日の自分はそのことを誇らしく思うだろうか?
Return Top